メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬県防災ヘリ墜落

「生きていて」届かず 救助の精鋭たち犠牲

防災ヘリ墜落現場での活動を終え、険しい表情で引き揚げる消防隊員ら=長野県山ノ内町で2018年8月11日午後1時44分、手塚耕一郎撮影

 どんな形でもいいから生きていてくれ--。そう念じ必死で捜索・救助に当たった同僚たちは悲しみに包まれた。群馬県防災ヘリコプター「はるな」の墜落事故から一夜明けた11日、乗員9人全員の死亡が確認された。このうち吾妻広域消防本部(群馬県東吾妻町)の5人はいずれも40代で「救助のスペシャリスト」として地元の期待を背負っていた。【神内亜実、三股智子、西銘研志郎、吉田勝】

 ヘリに乗っていた吾妻広域消防本部の塩原英俊さん(42)と10年以上の付き合いがある自営業、斉藤利浩…

この記事は有料記事です。

残り2068文字(全文2300文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 米グーグル、年内にゲーム参入 専用機不要、業界の構図変動も
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです