メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日航機墜落

33年 日航機遺族に支えられ 大震災で娘失った宮城の夫婦、灯籠流し初参加

美谷島邦子さん(右)ら日航ジャンボ機墜落事故の遺族と流す灯籠に、東日本大震災で犠牲になった常磐山元自動車学校の教習生25人の名前を貼り付ける早坂満さん=群馬県上野村で2018年8月11日午後3時56分、喜屋武真之介撮影

 日航ジャンボ機墜落事故の慰霊のため、11日夕に群馬県上野村の神流川で営まれた灯籠(とうろう)流しに、宮城県亘理町の早坂満さん(56)、由里子さん(55)夫妻が初めて参加した。夫妻は東日本大震災の津波で常磐山元自動車学校(同県山元町)に通っていた長女薫さん(当時18歳)を亡くした。愛娘との別れで崩れそうになる気持ちを墜落事故遺族に支えられた夫妻は「同じ悲しみを経験した遺族同士。この場所で一緒に慰霊ができて心強い。寄り添ってもらったぶん、寄り添いたい」と心を込めた。

 夕日が沈むころ、早坂さん夫妻は津波で犠牲になった教習生25人の名前を貼った灯籠を流した。灯籠は事故…

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文936文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです