メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅するカモメ

ボーダーツーリズム 金門島(台湾) 兵隊の町の面影を探す

観光名所の陽翟街。現在では珍しくなった軍の標語が見られる

 台北の松山空港から飛行機で1時間の距離にある台湾の離島・金門島は、中国福建省のアモイと2キロしか離れていません。かつて国民党軍と共産党軍との激戦地になりましたが、2001年に「小三通」と呼ばれる船便がアモイとの間に就航し、30分で結ばれています。飛行機より安く便数が多いため、台湾の宗教団体がご神体を抱いて乗船する光景もしばしば見られます。

 中台の緊張緩和で、最盛期には10万人を超えた兵士は数千人に減りました。いま、金門の視線は大陸全土か…

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文798文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです