メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅するカモメ

ボーダーツーリズム 金門島(台湾) 兵隊の町の面影を探す

観光名所の陽翟街。現在では珍しくなった軍の標語が見られる

 台北の松山空港から飛行機で1時間の距離にある台湾の離島・金門島は、中国福建省のアモイと2キロしか離れていません。かつて国民党軍と共産党軍との激戦地になりましたが、2001年に「小三通」と呼ばれる船便がアモイとの間に就航し、30分で結ばれています。飛行機より安く便数が多いため、台湾の宗教団体がご神体を抱いて乗船する光景もしばしば見られます。

 中台の緊張緩和で、最盛期には10万人を超えた兵士は数千人に減りました。いま、金門の視線は大陸全土か…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです