メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天竜浜名湖鉄道

化学を学ぶラッピング列車

テープカットで出発を祝う人たち=静岡県掛川市の天竜浜名湖鉄道・掛川駅で2018年8月11日、舟津進撮影

 天竜浜名湖鉄道(本社・浜松市天竜区)に新しいラッピング列車がお目見えし11日、始発駅の掛川駅(掛川市)で出発式があった。「化学に触れる学びのトレイン キャタライナー」の愛称で掛川-新所原間(67.7キロ)を運行する。同市千浜に本社がある自動車用触媒などのメーカー、キャタラー(砂川博明社長)が「(社業を支える)化学に興味を持ってもらおう」…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです