メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子ゴルフ

黄アルムが今季2勝目 NEC軽井沢72

 女子ゴルフのNEC軽井沢72(長野県軽井沢72=6655ヤード、パー72)第3日の12日、長野・軽井沢72ゴルフ北で最終ラウンドが行われ、初日から首位の黄アルム(韓国)が5バーディー、2ボギーの69で回り、通算17アンダーの199で優勝して賞金1440万円を獲得した。今季2勝目で、ツアー通算3勝目となった。2打差の2位には通算15アンダーの申ジエ(同)。さらに1打差の3位には、この日のベストスコア64をマークし通算14アンダーとした20歳の松田鈴英が入った。大会連覇がかかっていた比嘉真美子は通算8アンダーの11位だった。

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文1035文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです