メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eスポーツ

「スマホあれば誰でも」インドネシア初の代表

アジア大会に向けスマートフォンで練習するeスポーツのインドネシア代表、ヘンドリ・ハンディスリャさん=ジャカルタで2018年7月4日、武内彩撮影

 インドネシアの首都ジャカルタで18日に開幕するアジア大会で、コンピューターゲームによる対戦競技「eスポーツ」が初めて公開競技に採用された。4年後の中国・杭州大会では正式競技に格上げされる。地元インドネシアでも、初めて国を代表する緊張を感じながら、選手が猛特訓に励んでいる。

 ジャカルタ市内にある30平方メートルほどのマンションの一室にはパソコンが10台ほど並び、4~5人がゲームの練習に励んでいた。ひときわ真剣な表情でスマートフォンの画面をにらんでいたのが、スポンサー企業の名前が全面に印刷されたTシャツに身を包んだインドネシア代表選手のヘンドリ・ハンディスリャさん(34)だ。

 部屋はヘンドリさんが所属するチームの拠点で、スポンサー企業から所属選手に給料が支払われる。選手生命…

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文846文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
  2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
  4. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
  5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです