メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JAXA

「いぶき2号」の機体公開 今年度中に打ち上げ

今年度中に打ち上げ予定の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき2号」。上部に温室効果ガス観測センサーがある=茨城県つくば市で2018年8月11日、大場あい撮影

 温室効果ガス観測技術衛星「いぶき2号」が11日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)筑波宇宙センター(茨城県つくば市)で報道陣に公開された。今年度中に打ち上げ予定で、地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」の目標達成に向け、各国の排出量の把握などへの貢献が期待されている。

 いぶき2号は、温室効果ガス観測専用としては世界初の「いぶき」(2009年打ち上…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
  2. さよならムーミン列車 いすみ鉄道、3月末に終了 経営環境厳しく
  3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  4. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
  5. 「赤毛」の秋田犬ぬいぐるみがヒット 白毛と虎毛も登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです