メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬ヘリ墜落

「生きていて」届かず 救助専門家たち犠牲

 どんな形でもいいから生きていてくれ--。そう念じ必死で捜索・救助に当たった同僚たちは悲しみに包まれた。群馬県防災ヘリコプター「はるな」の墜落事故から一夜明けた11日、乗員9人全員の死亡が確認された。このうち吾妻広域消防本部(群馬県東吾妻町)の5人はいずれも40代で「救助のスペシャリスト」として地元の期待を背負っていた。【神内亜実、三股智子、西銘研志郎、吉田勝】

 ヘリに乗っていた吾妻広域消防本部の塩原英俊さん(42)と10年以上の付き合いがある自営業、斉藤利浩…

この記事は有料記事です。

残り1291文字(全文1523文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです