メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

「知識信奉」に一矢=永山悦子

川口淳一郎さん=西本勝撮影

 世界で初めて小惑星のちっちゃな粒を持ち帰った探査機はやぶさのプロジェクトを率いた川口淳一郎さん(62)は最近、憂えていることがあるという。「理系の大学を出ても、はんだ付けをやったことがない人が多いんですよ」

 はやぶさ以来、川口さんの取材をしているが、ド文系の私にとって「はんだ付け(はんだという合金を溶かして金属同士をくっつける技術。エレクトロニクスのものづくりの基本……らしい)」と言われてもチンプンカンプン。それをやっていないと何が困るの?

 川口さんによると「『手に技術なし』では新しいものを作る意欲は生まれない。だが、若い人が技術を使い、…

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文941文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. プロ野球 広島、マジック1
  5. サッカー デルピエロがFC岐阜にエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです