メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日航機墜落

33年 「慰霊の聖地」共に集い 地下鉄サリン遺族も初登山

「慰霊の園」を見つめ涙を流す遺族=群馬県上野村で12日、佐々木順一撮影

 520人が犠牲になった1985年8月の日航ジャンボ機墜落事故から33年となる12日、標高1539メートルの墜落現場「御巣鷹(おすたか)の尾根」(群馬県上野村)には、早朝から多くの遺族らが慰霊登山に訪れた。尾根は近年、事故や事件、災害などで大切な人を失った人たちが集う「聖地」となっており、地下鉄サリン事件(95年)や相模原市の障害者施設で入所者19人が殺害された事件(2016年)の遺族が初めて登った。【鈴木敦子】

 墜落事故で中高生だった2人の娘を亡くした堺市の山岡清子さん(72)は、夫武志さん(81)と数年かけ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  2. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  3. 神奈川知事選 現職と新人の2氏が届け出 県政継続の是非が争点
  4. 大谷、イチローの開幕戦を夜更かし観戦
  5. 三重知事選 現職と新人の2氏が届け出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです