メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬県防災ヘリ墜落

9人全員の身元判明 機体回収めど立たず

 群馬県中之条町の山中で県の防災ヘリコプター「はるな」が墜落した事故で、県警は12日、死亡が確認された乗員9人のうち、新たに3人の身元が判明したと発表した。これで9人全員の身元が判明した。墜落現場は標高1800~1500メートルの急斜面とみられ、県警によると、機体を回収するめどは立っていない。

 12日に身元が確認された3人は、吾妻広域消防本部・塩原英俊さん(42)▽県防災航空隊隊長・小沢訓さん(44)=県職員…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔
  5. さくらももこさん 声優ら参列し「ありがとうの会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです