メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南北閣僚級会談

北朝鮮、平壌での首脳会談に前向きの考え

 韓国と北朝鮮は13日、閣僚級会談を軍事境界線のある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で開いた。北朝鮮側の首席代表の李善権・祖国平和統一委員会委員長は会談冒頭、平壌での南北首脳会談を議論することで「民族が望む問題の答えが得られるだろう」と述べ、首脳会談開催に前向きな考えを示した。韓国取材団が伝えた。

 文在寅大統領と金正恩朝鮮労働党委員長は4月の首脳会談時に署名した「板門店宣言」で、文氏が今秋平壌を訪問することで合意している。13日の閣僚級会談は、首脳会談の日程を調整するほか、同宣言の履行状況も議論する見通し。

 閣僚級会談は今年に入って4回目。韓国側首席代表の趙明均統一相は13日朝、板門店に向け出発する前にソ…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文644文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  4. 大阪・寝屋川の中1殺害 「娘は優しい子」被害者母が証言 公判
  5. 韓国 慰安婦財団の解散発表 事業終了を決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです