メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパスNOW

トップに聞く 実学教育の雄 近畿大学 細井美彦学長

ほそい・よしひこ 1956年、兵庫県西宮市生まれ。農学博士。79年、京都大農学部卒。同大農学部助手を経て、93年、近畿大生物理工学研究所講師、生物理工学部助教授、生物理工学部教授、先端技術総合研究所長、副学長を歴任。2018年4月より現職。専門分野は生殖生理学

 世界で初めてクロマグロの完全養殖を成功させた近大マグロ、ド派手な入学式などで話題を集める近畿大学。一方、インターネット出願に真っ先に取り組み、国際学部の新設や学術交流拠点「アカデミックシアター」を開設するなど、教育環境の充実にも力を注ぐ。西日本を代表する総合大学として、少子高齢化が進む我が国で、どのような人材育成をしようとしているのか。この春、学長に就任した細井美彦教授に聞いた。【中根正義】

    高度な研究 社会に還元

     --近畿大学は「実学教育」を掲げてきました。

     創設者の世耕弘一は、「学びたい者に学ばせたい」という信念を持ち、医学部から文芸学部、さらには通信教育部などを開設し、現在では14学部からなる総合大学に発展しました。

     実学とは独創的な研究を社会に生かし、収益にもつなげるということです。その成果として知られているのが、クロマグロの完全養殖の成功です。近大マグロなどを提供する養殖魚専門店「近畿大学水産研究所」を大阪と東京に出店しましたが、収益事業というだけでなく、店は学生たちの学びの場にもなっています。また、吉本興業と連携してコミュニケーション力を高めるためのプロジェクトや、笑いの医学的研究も行っています。

     --近大マグロの次が気になります。

     我々がマグロをお見せしたのには、実は次のようなコンセプトがあります。大学の研究は一般の方々には分かりにくく、それを可視化したい。ビジネス界では「B to C」、つまりビジネスからコンシューマー(消費者)へという流れがありますが、私たちは「R to C」、つまりResearcher(研究者)からCitizen(市民)へということを意識しています。研究者から、一般の方々に語りかけられる研究の一つとして選んだのが近大マグロなのです。

    論文の被引用数 国立大と比肩/「society5.0」産学連携で先陣

     本学は、英教育誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」の世界大学ランキングで、国立大学並みか、それ以上に論文の被引用数が多いと評価されています。企業からの研究受託件数もトップクラスです。多くの研究者に評価されている「R to R」の優れた素材から「R to C」にふさわしい研究を選び、多くの方々にご紹介できれば、と考えています。

     --2016年に世界最大級の語学・グローバル人材育成企業、ベルリッツコーポレーションと連携し、国際学部を設立しました。グローバル化に、どう取り組んでいきますか。

     国際学部最大の特徴は、すべての学生に、1年次後期から1年間の留学プログラムに参加することが、義務づけられていることです。アメリカや中国、韓国に留学することで、語学力がアップしますが、重要なのは学ぶ姿勢や学びのシステムを身につけることです。留学後の学生たちは、自ら学ぶ意欲にあふれています。

     私たちは、ロシアとの学術交流などにも積極的に取り組んでいます。海外の多くの大学と連携協定を結び、キャンパスに交換留学生の姿が目立つようになってきました。海外の研究機関との共同研究にも力を入れ、海外から教員や学生が集まる世界水準の大学を目指しています。

    近畿大が昨年4月に新設した学術交流拠点「アカデミックシアター」

     --25年には創立100周年を迎え、キャンパスの整備にも意欲的に取り組まれています。

     現在、東大阪キャンパスの大規模整備計画「超近大プロジェクト」を進めています。昨年4月にオープンした学術交流拠点「ACADEMIC THEATER(アカデミックシアター)」には、マンガ約2万2000冊を含む約7万冊の図書を独自の分類で収蔵したビブリオシアターがあります。編集工学研究所所長の松岡正剛さんに監修していただき、学生の利用率も高く好評です。女性専用室も完備した24時間利用可能な自習室、世界のニュースに生で触れられるカフェ「CNN Cafe」、課題解決型プロジェクトを行うために学生や企業、地域住民の方々が交流できるスペース「ACT(アクト)」などを新設しました。

     --少子高齢化が進む中、課題解決先進国とも言われる今後の日本社会で近大が担うべき役割についてお聞かせください。

     今、日本や世界は第4次産業革命とも言われる大きな変革期に突入しました。AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)といった技術の発展により、社会や経済は加速度的に変化しようとしています。

     その中で、さまざまな社会問題を解決していく「society5.0」を世界に先駆けて実現しなければなりません。そこで本学では、多くの産学連携プロジェクトを推進し、分野を超えた専門知識や技能を組み合わせ、さまざまな課題の解決に取り組んでいきたいと考えています。

     我々は大学全体の共通研究グループである「コア」というシステムを作っていて、学部を超えて教員が共通テーマで共同研究をする仕組みがあります。例えば、バリアフリーをテーマとして建築学部や医学部、文芸学部のデザインの教員が集まって研究をしています。将来的にはその成果を病院などにフィードバックすることができるようになるでしょう。そうした手法を用いて社会からのリクエストに的確に応えたいですね。

     --教育面ではどのようなことをお考えですか。

     本学は学部が多く、キャンパスも六つあり、共通教育をどのように進めていくかは大きな課題です。社会が複雑化する中で、リベラルアーツ教育の重要性が増しています。特に、本学には農学部も含めて理工系学部が6学部あります。それらの学部を通じ、データサイエンスの基礎教育や、文理融合系の共通教育を広く展開していきたいと思います。

     --学長就任から4カ月余り。大学のトップとして感じていることを、お聞かせください。

     本学には、教育にも研究にも潜在的な力があることを再認識しています。しかし、その力をどの方向に持っていくかで結果が大きく変わります。これからも建学の精神を生かし、教育・研究を推進する環境を整え、多様な才能を開花させるべく教職員一同、努力していきます。


    受験生人気に甘んじず進化

     近畿大学の前身、日本大学専門学校(後の大阪専門学校)は1925年に設立された。43年設立の大阪理工科大学の両校を母体に、戦後の49年、商学部(現在の経済学部、経営学部)と理工学部からなる新制大学として発足した。

     初代総長は世耕弘一。「実学教育と人格の陶冶(とうや)」を建学の精神に掲げる。大阪、広島、福岡など6カ所にキャンパスがあり、14学部48学科、社会科学から芸術、理工、医学までの学部を網羅し、約3万3000人の学生が学ぶ。

     近大は、クロマグロの完全養殖に世界で初めて成功したことで知られる。研究開始から32年、研究者の執念と熱意だけでなく、世耕の精神も投影されている。「戦後復興には食料増産が必要」と考えた世耕は、養殖技術研究のために水産研究所を設立。養殖に成功した魚を販売し、その利益で研究所を運営した。

     マグロの完全養殖も、この仕組みが生かされた。そして今、ミカンやマンゴー、キャビアなど、近大ブランドが次々と生まれている。

     ところで、近大は一般入試の志願者総数が5年連続日本一だ。インターネット出願をいち早く取り入れ、2016年には1年次から海外留学を義務づけた国際学部を新設。「実学教育」の拠点、アカデミックシアターを開設するなど、キャンパス整備にも意欲的だ。

     25年には創立100周年。次なる一手は……。その動向から目が離せない。【毎日新聞大学センター長・中根正義】


    キャンパス

    東大阪=東大阪市小若江3の4の1

    大阪狭山=大阪狭山市大野東377の2

    奈良=奈良市中町3327の204

    和歌山=和歌山県紀の川市西三谷930

    広島=東広島市高屋うめの辺1

    福岡=福岡県飯塚市柏の森11の6

    学生数

    3万3614人(学部合計、2018年5月1日現在)

    学部

    法学部、経済学部、経営学部、理工学部、建築学部、薬学部、文芸学部、総合社会学部、国際学部、農学部、医学部、生物理工学部、工学部、産業理工学部

     詳細は大学のホームページ

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
    2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
    3. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
    4. 観光バス 泡吹く運転手に気づき乗客が1キロ先で停止
    5. 特集ワイド 昔なら罰当たり? ライトに“仏教”浸透中

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです