メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

右膝痛の白鵬、手術回避も「爆弾を持っているのは間違いない」(スポニチ)

 大相撲の夏巡業は12日、仙台市で行われ、右膝痛を抱える横綱・白鵬(33=宮城野部屋)が手術を回避したことを明かした。名古屋場所で痛めた右膝には「軟らかい塊がある」という状態だが「そんなに邪魔にならない」ため、投薬治療で様子を見ることになったという。ただし、すぐに本格的な稽古はできず、「薬を入れたので、3、4日はかかる。昨日より今日、今日より明日という感じでやっている。炎症はある。爆弾を持っているのは間違いない」と話した。今回の検査では過去に痛めていた左膝の治療も行った。

     白鵬は患部の検査のため8日の東京・青山学院での興行後に離脱し、11日の山形県南陽市の興行で再合流。この日は横綱土俵入りを披露したが、依然として取組からは外れている。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
    2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
    3. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
    4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    5. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです