メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

カンボジア協会、日本協会派遣の指導者ら要職に多数 本田代表監督就任(スポニチ)

本田 カンボジア代表“監督”仰天就任

 日本協会は99年12月にA代表監督として上田栄治氏をマカオに派遣して以降、多くの指導者を海外に派遣してきた。現在もネパール代表監督の行徳浩二氏、東ティモール代表監督の築館範男氏、スリランカ代表監督の鈴木隣氏らがアジアで指揮を執る。

     本田が実質的な監督を務めることになるカンボジア協会には小原一典技術委員長、水島武蔵U-19代表監督、唐木田徹審判ダイレクターら要職に日本人が多い。

     ◆カンボジアのサッカー FIFAランクは211カ国中166位だが、サッカー人気は高い。欧州各国リーグも放送されており、17年11月に「カンボジアビール」の製造元クメールビバレッジがマンチェスターCと東南アジアのパートナー契約。ACミラン、マンチェスターUでプレーした本田、香川は人気が高い。なお、日本-カンボジアのAマッチは旧クメール時代を含め4試合あり、日本の4勝。W杯ロシア大会のアジア予選では日本が3-0、2-0で勝利した。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
    2. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
    3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
    4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
    5. はやぶさ2 リュウグウに着陸 表面画像撮影にも成功

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです