メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

能楽シテ方観世流 大槻文蔵の「敷地物狂」 「復曲」後、再演重ね評価

大槻文蔵=梅田麻衣子撮影

 大阪の大槻能楽堂を拠点に活躍するシテ方観世流の名手。深い人物理解に基づいた舞台で観客を魅了するが、その一方で、廃絶した曲を復活上演する「復曲」にも意欲的に取り組んでいる。中でも母と子の再会を描く「敷地物狂(しきじものぐるい)」は復曲後も再演を重ね、高い評価を得てきた。

 能の曲には上演が途絶えたものも多く、1980年代に入って復曲の機運が生じてきた。そんな中、83年に観世流の浅見真州のシテ(主役)で復曲された「重衡」の舞台に触発されたという。「よい舞台でした。そして、ああ、こんなこともできるんだ、と強く思いました。私にはそれまで復曲という発想がありませんでしたから」

 最初に取り組んだのは、観世宗家に能の大成者・世阿弥の自筆本が伝わる「松浦(まつら)佐用姫(さよひめ…

この記事は有料記事です。

残り1726文字(全文2062文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  5. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです