メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 米軍は1945年4月、沖縄本島に上陸した。その前から鹿児島県の奄美群島にも激しい空襲を加え、死者・行方不明者は約630人に及んだ。一方、マリアナ諸島など南洋の拠点を失った旧日本軍は敵の北上に備え、海軍の拠点がある奄美大島と加計呂麻(かけろま)島に挟まれた大島海峡の要塞(ようさい)化を急ぎ、朝鮮人徴用工も動員されていた。

 空襲が落ち着いた45年8月、加計呂麻に米軍機のエンジン音が響いた。12歳の少年が砂浜の木陰に身を隠…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文454文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
  4. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです