メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

父なき娘の言葉

冊子に込めた戦没者遺族30年の思い/上 発行続ける、八島信雄さん(88) 悲痛な叫び伝えねば /山形

残された自分の「宿題」

 「一番大切な者を失った胸の痛みに耐えかねて『死』を選んだこともありました。(中略)無限に広がる暗黒の片隅に息をひそめて、妙に研ぎすまされた神経にグルグル巻きにされて放り出された姿が私でした」--。県遺族会が創立40年を機に戦没者遺族の証言を集め、1988年3月に発行した書籍「遥(はる)かなる足あと」には、夫を亡くした女性の悲痛な叫びがつづられていた。

 この女性を含む戦没者の妻36人分の手記を目にし、編集に携わった八島信雄さん(88)=山形市小姓町=…

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文973文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  2. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  3. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  4. 地域ブランド調査 やっぱり函館が一番魅力的 北海道「都道府県」では10連覇
  5. 寝屋川中1殺害 被告、核心語らず 検察側「難しい裁判」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです