メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

理想の図書館を求めて

/1 守谷市が来年度「直営」へ 運営手法「合わない」 指定管理者と市民、摩擦相次ぐ /茨城

 今年5月11日、図書館業界に激震が走った。守谷市の松丸修久市長が、市立図書館の運営を来年度から直営に戻す方針であると毎日新聞が報道した。

 同市は2016年度から3年間、守谷中央図書館と4カ所の公民館図書室の運営を、指定管理者制度に基づき、全国で公共図書館を運営する「図書館流通センター」(TRC)などの共同事業体に委託した。

 だが、委託前から混乱が生じていた。業務の引き継ぎを巡り、TRCが連れてきた男性館長が、残留するスタ…

この記事は有料記事です。

残り1098文字(全文1311文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」
  3. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです