メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎原爆

投下の午前11時2分 平和願う34の古時計 志木・長崎ちゃんぽん店「長崎亭」 /埼玉

夫妻「忘れぬ時間で時止めた」

 志木市の長崎ちゃんぽん店「長崎亭」では、1945年8月9日、長崎に原爆が投下された午前11時2分を指す34の時計が壁を覆う。とりわけ大きな古時計に貼られた張り紙に、「悲劇の日 忘れられない七十余年 止まったままの 十一時二分」と同店を営む長崎県出身の古賀宏さん(82)と妻秀子さん(79)の思いが記されている。【中川友希】

 宏さんは45年8月9日、9歳だった。長崎市から約20キロ離れた諫早市の自宅の近くで木に登ってセミ捕…

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1056文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです