メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第7部 あいおいニッセイ同和損保/19 地道に長く、努力支える

同僚に手話を教える松元卓巳=あいおいニッセイ同和福岡支店で2018年5月30日、小川祐希撮影

 「先日のアジア大会で準優勝しました」。5月30日、福岡市のあいおいニッセイ同和損害保険福岡支店。社員の松元卓巳(29)が終業後、ろう者サッカー(デフサッカー)アジア大会の結果を報告すると、同僚から拍手がわいた。

 生まれつき難聴の松元は小学3年でサッカーを始め、高校時代は強豪・鹿児島実業サッカー部に所属。普段は補聴器を付けて会話するが、試合中などに仲間の声が聞こえない時は「コミュニケーションが取れず、つらかった」。

 ある日、松元を町で見かけた関係者からスカウトされ、デフサッカーに出合う。すぐに日本代表に選ばれた。…

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1157文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で大流行 患者数の約7割が6府県と三重
  2. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  3. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  4. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も
  5. 「AKB48」の握手会 はしか感染の男性参加 6日、大阪で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです