メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

もう一つの世界=玉木研二

 <ka-ron>

 敗戦時の首相・鈴木貫太郎没後70年を記念し、研究者や縁者らによる講演会が東京大学であった。先週のことだ。この中で加藤陽子教授(近代政治史)が「戦争の終わらせ方、敗(ま)け方を想像する力」という論点でSF作家、小松左京(1931~2011年)の初期短編「地には平和を」を取り上げた。

 1945年8月15日。時をさかのぼり歴史を改変することを可能にした未来人の操作でクーデターが起き、「玉音放送」は流れなかった。和平派の首相らは殺されて、本土決戦になる。教えられたまま絶望的な戦いを続ける10代の少年兵は、作者の投影だ。

 SFでよく用いられる「パラレルワールド」(並行するもう一つの世界)。そこでは本来とは違う歴史が展開…

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文1020文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです