メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の世界を読む

気候変動の深刻な被害 国際社会共同で行動を=政策研究大学院大学長・田中明彦

西日本豪雨に関する非常災害対策本部の第2回会合で発言する安倍晋三首相(右)=首相官邸で2018年7月9日、川田雅浩撮影

 この夏ほど、気候変動の影響を日本人が実感した年はなかったのではないか。これまでも豪雨は頻発してきたが、台風でもないのに7月初旬の豪雨のように広範囲にわたって深刻な被害が出たことはない。また、7月中旬からの猛暑は各地で史上最高気温を記録するすさまじさであった。

 この広域豪雨と長期にわたる熱波が、人類の引き起こした気候変動の結果であると直ちに断定することは科学的には慎重になる必要があるのかもしれない。だが観測史上これまでにない現象だとすれば、産業革命以来の人為的地球温暖化の表れとみてほぼ間違いないだろう。そうだとすれば、人類が無為に今まで通りの行動を続ければ、ますます自然は人類がこれまで想定していなかったような形で災害をもたらすことになろう。

 まさにこのような認識が生まれたからこそ、1992年には気候変動枠組み条約が締結され、2015年には…

この記事は有料記事です。

残り2514文字(全文2888文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです