メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アフガニスタン

タリバン攻勢強める 米に譲歩迫る狙いか

旧支配勢力タリバンの急襲を受けたアフガニスタン南部ガズニで、けがをして病院に運ばれた女性=2018年8月12日、AP

 【ニューデリー松井聡】内戦が続くアフガニスタンで、旧支配勢力タリバンが政府や駐留外国部隊への攻勢を強めている。毎日新聞の取材に応じたタリバン関係者によると、タリバンは7月に行われた米国との直接会談で、国連の制裁リストからのタリバン指導部の除外や、カタールにある政治事務所の承認などを求めた。攻勢の強化で、米側に要求受け入れの圧力をかける狙いがあるとみられる。

 タリバンは10日、首都カブールから南約150キロのガズニで政府庁舎や警察本部を急襲し、一時は街の一…

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文995文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  3. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に
  4. 米国 「次は大統領選」中間選挙終了で政界の動きが一気に
  5. サウジ記者殺害 音声記録に「ボスに伝えてくれ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです