メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外為・株式

トルコ通貨急落、連鎖 アジア株安、東証440円下げ

日経平均と為替の推移

 週明け13日の金融市場は、前週末のトルコリラ急落に端を発した混乱が続き、日本を含む世界の株価が下落した。日経平均株価は、前営業日比440円65銭安の2万1857円43銭で取引を終え、約1カ月ぶりに2万2000円を下回った。米国の利上げや米中貿易摩擦の顕在化で、経済基盤の弱い新興国通貨が軒並み大幅に下落しており、世界経済の新たなリスクとなる懸念が強まっている。【小原擁、北京・赤間清広】

 今回のリラ急落は、トルコで米国人牧師が拘束された事件を巡り、トランプ米大統領が前週末、トルコに追加…

この記事は有料記事です。

残り1170文字(全文1414文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  3. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 対中制裁第3弾 日本企業困惑 生産拠点の中国離れ加速か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです