メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

今から着る秋物 残暑深みのある色楽しんで

写真(1)イネド

 立秋を過ぎ、店頭には早くも秋物の衣類が並ぶが、しばらくは夏物が活躍しそうな厳しい残暑が続く。今から着られる素材で、秋を意識したアイテムを紹介する。

 「世の中のトレンドに合わせるよりも、自分らしい装いを楽しむ人が増えている」と最近の傾向を分析するのは、伊勢丹新宿店婦人服アシスタントバイヤーの高橋理知夫さん。流行を追うのではなく、着用頻度が高く着回しがきくものを求める人が増えているという。こうした流れを受け伊勢丹新宿店では、上下セットになっていてもそれぞれ単独で別のアイテムと合わせられるなど、さまざまなコーディネートを楽しめる商品を提案している。

 深みのある緑のブラウスとスカートのセットアップ=写真[1]=は、遊び心のあるレース使いがポイント。…

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1212文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  3. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
  4. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
  5. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです