メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

今から着る秋物 残暑深みのある色楽しんで

写真(1)イネド

 立秋を過ぎ、店頭には早くも秋物の衣類が並ぶが、しばらくは夏物が活躍しそうな厳しい残暑が続く。今から着られる素材で、秋を意識したアイテムを紹介する。

 「世の中のトレンドに合わせるよりも、自分らしい装いを楽しむ人が増えている」と最近の傾向を分析するのは、伊勢丹新宿店婦人服アシスタントバイヤーの高橋理知夫さん。流行を追うのではなく、着用頻度が高く着回しがきくものを求める人が増えているという。こうした流れを受け伊勢丹新宿店では、上下セットになっていてもそれぞれ単独で別のアイテムと合わせられるなど、さまざまなコーディネートを楽しめる商品を提案している。

 深みのある緑のブラウスとスカートのセットアップ=写真[1]=は、遊び心のあるレース使いがポイント。…

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1212文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 特集ワイド 「昭和の夜」また一つ 伝説のキャバレー「ハリウッド」、58年の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです