メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトボール

女子世界選手権 日本2位、五輪へ課題 米が優勝

【日本-米国】優勝を逃し、肩を落とす日本代表の選手たち=ZOZOマリンスタジアムで2018年8月12日、玉城達郎撮影

 ソフトボール女子の世界選手権(毎日新聞社など後援)は、米国が2大会連続となる最多11回目の優勝を果たした。日本は12日に千葉・ZOZOマリンスタジアムで行われた3位決定戦でカナダを3-0で降したが、同日夜に行われた決勝では米国に6-7で延長十回逆転サヨナラ負けし、2大会連続で準優勝。11試合で出場16チーム中、最多の20本塁打を記録したが、攻守に細かなミスもあり、米国には2連敗。若手投手の育成も含め、2020年の東京五輪に課題を残した。【細谷拓海】

この記事は有料記事です。

残り860文字(全文1087文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイで覚醒剤300万人使用か 押収量過去最高、日本にも流出
  2. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです