メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトボール

女子世界選手権 日本2位、五輪へ課題 米が優勝

【日本-米国】優勝を逃し、肩を落とす日本代表の選手たち=ZOZOマリンスタジアムで2018年8月12日、玉城達郎撮影

 ソフトボール女子の世界選手権(毎日新聞社など後援)は、米国が2大会連続となる最多11回目の優勝を果たした。日本は12日に千葉・ZOZOマリンスタジアムで行われた3位決定戦でカナダを3-0で降したが、同日夜に行われた決勝では米国に6-7で延長十回逆転サヨナラ負けし、2大会連続で準優勝。11試合で出場16チーム中、最多の20本塁打を記録したが、攻守に細かなミスもあり、米国には2連敗。若手投手の育成も含め、2020年の東京五輪に課題を残した。【細谷拓海】

この記事は有料記事です。

残り860文字(全文1087文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  4. 大阪・寝屋川の中1殺害 「娘は優しい子」被害者母が証言 公判
  5. 韓国 慰安婦財団の解散発表 事業終了を決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです