メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

復興祈願、土俵入り 仙台

復興への願いを込めて披露された土俵入り=仙台市若林区で2018年8月13日、飯山太郎撮影

 大相撲の鶴竜、稀勢の里の両横綱が13日、仙台市若林区にある復興公営住宅の荒井東市営住宅の広場で、東日本大震災からの復興を祈願し、土俵入りを披露した。住民ら約550人が「ヨイショー」とかけ声を上げた。

 両横綱は約200人が犠牲になった荒浜地区の慰霊碑に献花し、震災遺構として公開されている旧荒浜小も訪…

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文290文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです