メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬県防災ヘリ墜落

9人死亡 墜落直前に急加速 時速30キロから145キロに

 群馬県中之条町の山中で県の防災ヘリコプター「はるな」が墜落し乗員9人が死亡した事故で、飛行記録によると、通信が途絶えた10日午前10時1分の直前20秒間にヘリが時速約30キロから約145キロまで急加速していた。国の運輸安全委員会や県警は何らかのトラブルが生じた可能性もあるとみて事故原因を調べている。

 ヘリに搭載された全地球測位システム(GPS)の位置情報によると、ヘリは群馬・新潟・長野3県の稜線(…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文486文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです