メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬県防災ヘリ墜落

9人死亡 墜落直前に急加速 時速30キロから145キロに

 群馬県中之条町の山中で県の防災ヘリコプター「はるな」が墜落し乗員9人が死亡した事故で、飛行記録によると、通信が途絶えた10日午前10時1分の直前20秒間にヘリが時速約30キロから約145キロまで急加速していた。国の運輸安全委員会や県警は何らかのトラブルが生じた可能性もあるとみて事故原因を調べている。

 ヘリに搭載された全地球測位システム(GPS)の位置情報によると、ヘリは群馬・新潟・長野3県の稜線(…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文486文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
  5. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです