メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチック危機

5トンのプラごみでクジラ ベルギー

運河の水面から飛び出すクジラをイメージした作品。米ハワイの海岸で集めたプラスチックごみで作られた=ベルギー西部ブリュージュで2018年8月7日、八田浩輔撮影

 【ブリュージュ(ベルギー西部)で八田浩輔】中世の街並みを残し、世界遺産に指定されているベルギーの古都ブリュージュ旧市街地で、5トンのプラスチックごみで作った巨大なクジラの野外アート作品が観光客に人気の撮影場所になっている。海のプラごみ問題を考えるきっかけにしてもらおうと、海岸で集めたごみから作られた。

 「摩天楼」と名付けられた高さ12メートルの作品は、街の象徴である運河から飛び出すクジラを模した。米…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文475文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  3. 韓国国会議長「日本は盗っ人たけだけしい」 謝罪要求に反発
  4. 安倍首相「桜田氏が東京五輪招致尽力」発言を訂正 前任と混同
  5. 特集ワイド 「ツイッターの妖精引退」宣言した女優、春名風花さん 現実世界に居場所、必ずある

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです