メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

仙台の被災地で土俵入り 鶴竜と稀勢の里

復興への願いを込めて披露された土俵入り=仙台市若林区で2018年8月13日、飯山太郎撮影

 大相撲の鶴竜、稀勢の里の両横綱が13日、仙台市若林区にある復興公営住宅の荒井東市営住宅の広場で、東日本大震災からの復興を祈願し、土俵入りを披露した。住民ら約550人が「ヨイショー」とかけ声を上げた。

 両横綱は約200人が犠牲になった荒浜地区の慰霊碑に献花し、震災遺構として公開されている旧荒浜小も訪…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 特集ワイド 「アベ政治ノー」訴え続ける 木内みどりさん 「言うべきこと」萎縮無用
  3. 錦織が棄権、第1セット落とし第2セット途中で またジョコの壁 全豪テニス
  4. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  5. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです