メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/230 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

その夜(65)

 タケシはまだ新しい死の苦痛に身体(からだ)を震わせながら、先手をとっていった。

「父は確かにアメリカ人です。息子さんがサイパンで戦死されたのも知っています」

 絣(かすり)の防空頭巾の女がきょとんと不思議そうな顔をした。さあ、どうしよう。あと数十秒でここに爆弾が落ちてくる。すぐ逃げなければ、国民学校の塀に身を寄せた数十人の避難民が命を落とすのだ。爆弾だと叫べば、みな逃げてくれるだろうか。まさか。タケシは口に両手を当て、断固として叫んだ。

「みなさーん、ここから離れてください。昨日、憲兵さんにききました。磯村憲兵大尉です。B29の爆撃手は…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文982文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  4. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  5. 南北首脳会談 文氏、非核化へ「責任」 正恩氏に打開促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです