メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田中優子・法政大総長

 LGBTの人たちは生産性がないのだからそこに税金を使うべきではない、という自民党議員の考えを知ったとき、税金を使って不妊手術をした旧優生保護法を思い出した。生産と生産禁止という反対方向を向いているものの、そこには人の命を生産物もしくは生産の道具、と考える価値観がある。

 農業の革新に取り組んだ江戸時代の大蔵永常は、綿花栽培の普及にもつとめた。その著書「綿圃要務(めんぽようむ)」で綿花栽培に熟達していた祖父のことを書いている。ある日激しい夕立に遭った。困惑したかと思いきや、祖父は「綿どもが生き生きとしてよろこびあへる」と、まるで子供を見るようなまなざしで綿花を見ていたという。永常は綿花栽培の過程を丁寧に記述した。…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文773文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 優勝額を販売します 9月場所・白鵬関
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 赤坂電視台 川合俊一 日本女子バレーの団結力はすごい!
  4. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  5. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです