メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麺食い・列島味便り

つゆ焼きそば 青森・黒石市 摩訶不思議な味を復活

すずのやの「黒石つゆ焼きそば」。途中でウスターソースや一味を入れるのもオススメ=青森県黒石市前町1のすずのやで、一宮俊介撮影

 「焼きそば」はポピュラーだが、青森県黒石市ではそれに各種のつゆをかける。見た目から味を想像してほしい。黒石やきそば専門店「すずのや」の店主、鈴木民雄さん(69)は客から聞かれる度に繰り返す。「摩訶(まか)不思議な味です」。鈴木さんは一度姿を消したこのメニューを復活させた。

 黒石市は「焼きそばの町」を掲げる。その特徴の一つが、うどんのような「太平麺(ふとひらめん)」である。もちもちとした食感でソースがよくからむ。焼きそば自体は戦後間もなく全国に広まったとされるが、黒石は実はうどん文化が根強かった。製麺所には麺を切るカッターがうどん用しかなく、焼きそばの麺もそれで作られていたらしい。

 この焼きそばにかけるつゆの味は店ごとに微妙に違う。すずのやのようなしょうゆベースのつゆや、中華そば…

この記事は有料記事です。

残り959文字(全文1303文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです