メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆

題材に「声春」が朗読会 北杜・図書館 /山梨

 北杜市の金田一春彦記念図書館で12日、「戦争の記憶」と題した朗読会があり、同市の朗読ボランティア団体「声春」が絵本の「ヒロシマの火」(山口勇子作)を朗読し、約10人が聴き入った。

 「声春」は2006年に朗読劇団として発足。これまで東京空襲や原爆、戦争をテーマにした朗読会を催してきた。

 「ヒロシマの火」は1945年8月6日の…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文373文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです