メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここであった戦争

天王寺かいわい 大阪空襲で大きな被害 軍使用の防空壕も /大阪

生玉公園に残る地下壕の通気塔(左手前)=大阪市天王寺区で、亀田早苗撮影

 天王寺かいわいで大阪空襲の跡をたどった。案内してくれたのは「大阪戦争モノ語り 街かどの『戦跡』をたずねて」の著者、森田敏彦さん(75)。「天王寺区は大阪市内でも被害が大きかった」という。生玉公園には陸軍が使った頑丈な地下壕(ごう)も残る。【亀田早苗】

 大阪大空襲は1945年3月13日から8月14日の間の計8回とされる。3月13日深夜から14日未明にかけた第1次空襲では、都心に近い住宅密集地が狙われた。中心市街地は焼き払われ、約4000人が亡くなった。

 このとき、米軍の照準点の一つが天王寺区の隣、浪速区塩草だった。また、6月15日の第4次空襲では天王…

この記事は有料記事です。

残り1307文字(全文1585文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです