メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

家族の息災、墓前で報告 被災地・宇和島 寺にも土砂、盆直前に道路開通 /愛媛

墓前で手を合わせる女性=愛媛県宇和島市吉田町鶴間の宗昌寺で、遠藤龍撮影

 西日本豪雨があり、初めて迎えるお盆。今回の災害では、土砂の流入などで墓が流されたり、寺の建物が被害を受けたりした例も少なくない。帰省した人や地域住民らが墓参りをする姿が見られる被災地は、変わらぬ不安の中にも、一定の安堵(あんど)が入り交じる夏を迎えている。

 宇和島市吉田町でミカン農家を営み、畑が被害に遭った女性(77)は、墓前で手を合わせた後、こんな風に話した。「県外にいる息子たちもこの時期は帰省するが、今回は片付けに疲れて中止にした。それでも『家族が元気にし…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです