メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第7部 あいおいニッセイ同和損保/20止 変化の波、果敢に越えて

代理店主らに経営戦略を説明する金杉=東京都内で2018年5月17日、松本尚也撮影

 米ペンシルベニア州で2015年10月、リスク分析の専門家「保険数理人」の年次大会が開かれていた。約2000人が人工知能(AI)や、膨大なデータの蓄積「ビッグデータ」の活用法を熱く語り合う。日本から出席したあいおいニッセイ同和損害保険の板谷和彦(35)は、保険の議論に終始する日本の保険数理人の会合との違いに驚いた。

 保険数理人の本来の仕事は、確率や統計といった数学の手法を駆使して将来のリスクを分析し、保険料率を計…

この記事は有料記事です。

残り876文字(全文1084文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです