メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第7部 あいおいニッセイ同和損保/20止 変化の波、果敢に越えて

代理店主らに経営戦略を説明する金杉=東京都内で2018年5月17日、松本尚也撮影

 米ペンシルベニア州で2015年10月、リスク分析の専門家「保険数理人」の年次大会が開かれていた。約2000人が人工知能(AI)や、膨大なデータの蓄積「ビッグデータ」の活用法を熱く語り合う。日本から出席したあいおいニッセイ同和損害保険の板谷和彦(35)は、保険の議論に終始する日本の保険数理人の会合との違いに驚いた。

 保険数理人の本来の仕事は、確率や統計といった数学の手法を駆使して将来のリスクを分析し、保険料率を計…

この記事は有料記事です。

残り876文字(全文1084文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  3. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
  4. 内閣支持率37%、不支持率40% 2カ月ぶり逆転 毎日新聞世論調査
  5. 粗悪学術誌掲載で博士号 8大学院、業績として認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです