メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

硫黄島に残る「戦後」

石原俊氏

 太平洋戦争に翻弄(ほんろう)された小笠原諸島。米国から日本に返還されて今年6月で半世紀を迎えたが、一部を成す硫黄島と北硫黄島には、いまだに島民が戻れない。敗戦後の米軍統治下で進んだ核基地化、返還時に日米が結んだとされる「密約」、今なお残る軍事的重要性--。硫黄島の「終わらない戦後」を考える。【聞き手・鈴木英生】

この記事は有料記事です。

残り4371文字(全文4528文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良のシカでけが、最多 8割が外国人 “鹿せんべいで写真”じらされ攻撃的に
  2. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子
  3. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. フィリピンではしか猛威 136人死亡、拡大懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです