メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

硫黄島に残る「戦後」

石原俊氏

 太平洋戦争に翻弄(ほんろう)された小笠原諸島。米国から日本に返還されて今年6月で半世紀を迎えたが、一部を成す硫黄島と北硫黄島には、いまだに島民が戻れない。敗戦後の米軍統治下で進んだ核基地化、返還時に日米が結んだとされる「密約」、今なお残る軍事的重要性--。硫黄島の「終わらない戦後」を考える。【聞き手・鈴木英生】

この記事は有料記事です。

残り4371文字(全文4528文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
  4. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです