メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 「広島」語り介護度改善 最後まで凜として=白十字訪問看護ステーション統括所長・秋山正子

 今年の5月9日に89歳で亡くなった劇作家、村井志摩子さん(代表作「広島の女」で有名)のことをしのびながら、広島原爆の日を迎えた。原爆死没者慰霊碑に刻まれた「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」の文字がひときわ目に飛び込んでくる。

 村井さんは高等女学校生だった17歳で被爆。多くの友を失った経験から劇作家や演出家として、広島をテーマに平和の願いを込めた舞台を毎夏演出してきた。晩年には朗読を自ら行う企画にかえ、亡くなる直前まで、そこにかける情熱は変わらなかった。「広島の女」3部作に対して1985年に文化庁芸術祭賞を、88年にはエディンバラ・フリンジ・ファースト賞を英訳劇で受賞している。国内よりも国外、ことにチェコでの活躍が知られる。

 村井さんの晩年に、身近に接する機会があった。亡くなる前年の2017年夏には、看護小規模多機能型居宅…

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文1108文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです