メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安政江戸台風

古文書からルートを復元 帝京大准教授ら

安政江戸台風のルート復元

 幕末の1856年(安政3年)、関東や東海各地に大規模な高潮被害をもたらした「安政江戸台風」が通ったルートを各地の古文書の記述から復元することに、平野淳平・帝京大准教授(自然地理学)らのチームが成功した。台風は伊豆半島の東側を抜けて江戸に向かったと考えられていたが、実際には伊豆の西側から内陸を進んで福島県相馬市に抜けたと分かった。

 分析に用いたのは、静岡県下田市付近に滞在していた初代米国総領事・ハリスや群馬県玉村町の名主の日記な…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  3. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです