メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終戦の日

「長き平和、思い致し」追悼式おことば新たに

 天皇陛下は全国戦没者追悼式でのおことばで、「戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ」との一節を新たに加えられた。300字足らずの全体の構成は例年通りとする中、平成最後の追悼式で平和が維持されてきたことへの強い感慨を示したともいえる。

 陛下は即位した1989年から毎年、皇后さまと追悼式に臨んできた。おことばは、戦没者を悼み、国民の努力で戦後の平和と繁栄が築かれたことを振り返るほぼ同じ内容、構成だったが、戦後50年の95年に「…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです