メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パンダ

赤ちゃん誕生、体重少なく保育器に 和歌山

 和歌山県白浜町のレジャー施設アドベンチャーワールドは15日、ジャイアントパンダの良浜(ラウヒン)(17歳)が雌の赤ちゃん1頭を産んだと発表した。体重は75グラムで、これまで良浜が出産した赤ちゃんの半分ほどしかなく、保育器に入れて飼育スタッフが見守っている。

 14日午後10時32分、体長15.5センチで誕生した。自力で母乳を吸うことができず、スタッフが細い管を使って授乳しているという。

 良浜は、今回2年ぶり6回目の出産で、9頭の母親となった。今年4月6~9日、永明(エイメイ)(雄、2…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文485文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです