メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大塚家具

継続疑義記載、改善策示せず「時間切れ」の声も

大塚家具の大塚久美子社長

6月中間決算 営業赤字35億円、決算発表会見も行わず

 経営再建中の大塚家具は14日、2018年6月中間決算を発表した。販売不振が響き、売上高は前年同期比11.9%減の188億円、本業のもうけを示す営業損益は35億円の赤字(前年同期は27億円の赤字)となり、赤字幅が拡大した。他社との提携を含む抜本的な経営改善策については発表がなく、再建の道筋は不透明なままだ。

 最終(当期)損益は、土地売却などを進めたものの20億円の赤字(前年同期は45億円の赤字)だった。業…

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文907文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです