メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大塚家具

継続疑義記載、改善策示せず「時間切れ」の声も

大塚家具の大塚久美子社長

6月中間決算 営業赤字35億円、決算発表会見も行わず

 経営再建中の大塚家具は14日、2018年6月中間決算を発表した。販売不振が響き、売上高は前年同期比11.9%減の188億円、本業のもうけを示す営業損益は35億円の赤字(前年同期は27億円の赤字)となり、赤字幅が拡大した。他社との提携を含む抜本的な経営改善策については発表がなく、再建の道筋は不透明なままだ。

 最終(当期)損益は、土地売却などを進めたものの20億円の赤字(前年同期は45億円の赤字)だった。業…

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文907文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  2. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  3. 記者の目 「多死社会」変わる弔いの現場 自分の死と向き合おう=山口知(大阪社会部)
  4. WEB CARTOP 欧州車にも負けない美しさ! 天才デザイナーが手がけた日本車7選
  5. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです