メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島原発事故

環境省、汚染土10キロ紛失 誤廃棄か

環境省が入る中央合同庁舎第5号館=東京都千代田区霞が関で、竹内紀臣撮影

 環境省は14日、東京電力福島第1原発事故後、同省に送付されていた放射性物質を含む土壌約10キロを省内で紛失したと発表した。誤廃棄した可能性が高いという。汚染濃度は低く、健康への影響は考えにくいとしている。

 同省によると、汚染土は2011年11月8日と16日の2回、小型段ボール箱に詰められ宅配便で送られてきた。「福島市の自宅で採取した土で環境省で保管、処分を」との趣旨の手紙が添えられ、送り主の記載もあった。

 当時の放射線量は1時間当たり0.6マイクロシーベルト。放射性物質濃度は推定1キロ当たり約4000ベ…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文598文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  2. 戦後70年 今も続いている国民への忍耐押しつけ
  3. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  4. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです