メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

サッカー森保監督、苦しみながら初戦白星

前半、先制ゴールを決めた三笘(右)にかけよる日本代表の選手たち=インドネシア西ジャワ州チカランで2018年8月14日、宮間俊樹撮影

 ジャカルタ・アジア大会は14日、サッカー男子の1次リーグD組で2020年東京五輪世代のU21(21歳以下)で臨む日本は初戦でネパールを1-0で降した。

 サッカー男子の日本は連係不足に苦しみながら、格下ネパールを危なげなく退けた。森保監督はフル代表との兼任となってからの初采配。「ぎらぎらした気持ちを持ってやってもらいたい」と東京五輪を目指す選手たちに奮起を求め、白星スタートにスタッフらと静かに…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  4. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  5. 寝屋川中1殺害初公判 突然土下座、泣いて謝罪も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです