メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

サッカー森保監督、苦しみながら初戦白星

前半、先制ゴールを決めた三笘(右)にかけよる日本代表の選手たち=インドネシア西ジャワ州チカランで2018年8月14日、宮間俊樹撮影

 ジャカルタ・アジア大会は14日、サッカー男子の1次リーグD組で2020年東京五輪世代のU21(21歳以下)で臨む日本は初戦でネパールを1-0で降した。

 サッカー男子の日本は連係不足に苦しみながら、格下ネパールを危なげなく退けた。森保監督はフル代表との兼任となってからの初采配。「ぎらぎらした気持ちを持ってやってもらいたい」と東京五輪を目指す選手たちに奮起を求め、白星スタートにスタッフらと静かに…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです