メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

サッカー森保監督、苦しみながら初戦白星

前半、先制ゴールを決めた三笘(右)にかけよる日本代表の選手たち=インドネシア西ジャワ州チカランで2018年8月14日、宮間俊樹撮影

 ジャカルタ・アジア大会は14日、サッカー男子の1次リーグD組で2020年東京五輪世代のU21(21歳以下)で臨む日本は初戦でネパールを1-0で降した。

 サッカー男子の日本は連係不足に苦しみながら、格下ネパールを危なげなく退けた。森保監督はフル代表との兼任となってからの初采配。「ぎらぎらした気持ちを持ってやってもらいたい」と東京五輪を目指す選手たちに奮起を求め、白星スタートにスタッフらと静かに…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後遺症残る伊丹市職員 友の分も生き 支える側に 尼崎脱線事故14年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです