メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

心不全患者の緩和ケア 多職種の協力が重要

終末期に緩和ケアを必要とする人の疾患別割合

 重病に伴う苦痛を、薬や他の手法で和らげる「緩和ケア」。がんではその重要性が知られているが、心不全の治療でも重視され始めている。死が避けられなくなった終末期に、必要とする患者が多いためだ。だが、がんとは異なる難しさもある。専門家は、複数の専門職によるチーム医療が重要だと指摘する。

入退院繰り返し進行/受け止める準備を早く/本人の希望、全員で共有

 兵庫県尼崎市の県立尼崎総合医療センターでは毎週、佐藤幸人循環器内科長ら心不全チームが、ミーティングで患者の診療方針を話し合う。参加者は循環器内科医のほか看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士ら。ある終末期の患者について話し合った7月中旬のミーティングには緩和ケア専門の看護師も加わり、本人が希望している退院が可能かを議論した。

 佐藤さんらは10年ほど前から、こうした多職種のチームで心不全の診療を進めてきた。患者の療養を支える…

この記事は有料記事です。

残り1028文字(全文1412文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです