メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コラム@やまがた

「戦争」が残した深い傷痕 /山形

 「この日は何があっても絶対に行きますから」--。30年にわたって戦没者遺族の証言集を発行し続ける八島信雄さん(88)=山形市小姓町=に、校正作業の様子を取材したいと申し込んだ。日時と場所が決まると、体調が万全ではないと話していた八島さんが電話越しに、こう告げた。作品に込める情熱と強い覚悟を感じた。

 当日、つえを携えて現れた八島さんは、マスクを付け、拡大鏡を使って国語辞典とにらめっこした。病院通いが続いているといい、満身創痍(そうい)に見えた。

 証言集の寄稿者は戦没者の娘世代で、戦地に行った経験はない。八島さんがなぜ彼女らに焦点を当て、証言を…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文647文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです