メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コラム@やまがた

「戦争」が残した深い傷痕 /山形

 「この日は何があっても絶対に行きますから」--。30年にわたって戦没者遺族の証言集を発行し続ける八島信雄さん(88)=山形市小姓町=に、校正作業の様子を取材したいと申し込んだ。日時と場所が決まると、体調が万全ではないと話していた八島さんが電話越しに、こう告げた。作品に込める情熱と強い覚悟を感じた。

 当日、つえを携えて現れた八島さんは、マスクを付け、拡大鏡を使って国語辞典とにらめっこした。病院通いが続いているといい、満身創痍(そうい)に見えた。

 証言集の寄稿者は戦没者の娘世代で、戦地に行った経験はない。八島さんがなぜ彼女らに焦点を当て、証言を…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文647文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  4. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです