メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 福島・南相馬市職員、復興体験を講演 来月8日、富士宮 /静岡

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から7年半となるのに合わせ、福島県南相馬市職員の高野真至さん(48)が9月8日午後2時から富士宮市の富士宮駅前交流センター「きらら」で開かれる防災学習会で「命を救う仲間、家族、そして絆~福島県南相馬からの報告」と題し講演する。初期対応から復興の最前線に携わる経験から教訓を語る。

 南相馬市は原発の北10~40キロに位置。震災前の人口は約7万1000人。津波による犠牲者は636人…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文545文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです