メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 福島・南相馬市職員、復興体験を講演 来月8日、富士宮 /静岡

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から7年半となるのに合わせ、福島県南相馬市職員の高野真至さん(48)が9月8日午後2時から富士宮市の富士宮駅前交流センター「きらら」で開かれる防災学習会で「命を救う仲間、家族、そして絆~福島県南相馬からの報告」と題し講演する。初期対応から復興の最前線に携わる経験から教訓を語る。

 南相馬市は原発の北10~40キロに位置。震災前の人口は約7万1000人。津波による犠牲者は636人…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文545文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです