メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終戦の日

平成最後 陛下「長き平和に思い」

 平成最後の「終戦の日」となった15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれた。天皇、皇后両陛下や戦没者遺族らが参列し、日中戦争と第二次世界大戦で犠牲になった約310万人を悼んだ。来年4月に退位される天皇陛下はおことばで、「戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ」との一節を加えた。

この記事は有料記事です。

残り998文字(全文1155文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです